本文へスキップします。

【全】検索フォーム

サイト内検索

【全】ヘッドリンク

ページタイトル

海外の果樹産業ニュース 2024年度上期(暫定版)

コンテンツ

ここに掲載してあるものは「海外の果樹産業ニュース2024年度上期版」に収録する記事の暫定版です。
断りなく内容を修正、変更することがあり、また最終版と一部異なることがありますので、あらかじめご了承ください。なお、各記事のタイトル右下の出典及び年月日は原文にリンクしています。

018 韓国 リンゴ危機が深刻化する中での長期的な対策
017  米国 柑橘類の輸入業者は南半球産の季節に向けて準備中
016 ブラジル 主要柑橘類産地の出荷量予想
015 米国農務省が母親と子供のための果実・野菜支援を改訂
014 米国 リンゴの在庫量は5カ年平均より29%多い
013 台湾産パイナップルの輸入をニュージーランドが承認
012 ニュージーランド産エンヴィ・リンゴが世界市場へ
011 メキシコ産ブドウ アジアとオセアニアへの輸出を拡大
010 メキシコ 2024年のアボカド生産量予測は 277万トン
009 トルコ サクランボの輸出は大幅増加が見込まれる+収穫シーズンはすべて良い兆候
008 トルコ 旺盛な内需が核果類の輸出を抑制
007 米国 カリフォルニア州のサクランボは平年並みに
006 ペルー 生食用ブドウの困難なシーズンを終了 日本は新市場
005 トルコ 柑橘類の輸出は概ね安定 日本向けには紅海危機の影響
004 台湾のパイナップル栽培面積が4%減少
003 イタリア産レモンを日本で発売
002 南アフリカ 2024年の柑橘類輸出量は増加の見込み
001 中南米のアボカド生産が増える中、引き続きメキシコが王者

(2024年3月分)
445 南アフリカ産柑橘類 ベトナムをはじめアジア市場に目を向ける
444 米国 2024年3月の柑橘類収穫量予測
443 エジプト 来たる生食用ブドウシーズンの課題
442 エジプト 今年の柑橘類は採算が合わない
441 イタリア Vogが新しいリンゴ販売方法を導入
440 米国産果実 生産増でリンゴ等が価格低下の見通し
439 米国フロリダ州 柑橘類の生産は引き続き減少
438 米国 研究によると「薬としての食品」戦略は有効
437 トルコ 気候変動がブドウ栽培に影響を与える可能性
436 ニュージーランド ロキット・リンゴの輸出量は2倍に
435 米国 オレンジ果汁の売上はインフレの中で引き続き堅調
434 南アフリカ産リンゴ タイ市場の再開に向けた査察を受け入れ
433 米国カリフォルニア州 核果類の出荷が早まる可能性
432 南米の不振な季節を終えて、ブルーベリーは北米に移行中
431 ニュージーランド キウイの収益改善を予測 日本市場に不安も
430 米国 リンゴの輸出量は前年同期比47%増
429 米国 カリフォルニア州のカンキツグリーニング病検疫規制地域を設定・拡大
428 トルコ 今年のサクランボは大玉を期待
427 南アフリカ産アボカド 欧州でチャンス、日本へは試験輸送
426 韓国 リンゴ生産の危機に直面+韓国政府はリンゴ等の輸入禁止を維持
425 ニュージーランド 2024年最初のゼスプリ・キウイ専用船が出航
424 ニュージーランド 今季のジャズリンゴの輸出開始は順調
423 中国 柑橘類産業は堅調な成長
422 トルコ 紅海危機にも拘わらずリンゴ輸出は継続 次はサクランボ
421 ニュージーランド ルビーレッド・キウイは今シーズン100万箱を達成へ
420 世界のオレンジ果汁在庫量は回復するも供給量は不十分
419 米国 柑橘類の生産量は長期的に減少の見通し
418 南アフリカ ブドウはシーズン終盤に近付き輸出は好調
417 エジプト産柑橘類は紅海の危機で南北アメリカと欧州へ
416 オーストラリア 青果物業界の代表団が日本を訪問
415 オーストラリア 記録的な量のハニーゴールドマンゴーを収穫
414 EU 果実・野菜のプラスチック包装を禁止へ
413 ペルー 天候不順の中でブドウが最大の輸出果実に
412 中国 ゼスプリがキウイフルーツの偽装包装に挑む
411 米国ハーバード大学 長生きするための果物・野菜の消費量
410 エジプト 南アフリカを抜きアフリカ最大のオレンジ輸出国に
409 エジプト 次のブドウの季節に向けて新しいDNAラボを準備中
408 世界のマンダリン市場(抜粋)

2023年度の海外果樹産業ニュースの最終版はこちら(160、161、165)をご覧ください。
2023年度の海外果樹産業ニュースの暫定版はこちらをご覧ください。