本文へスキップします。

【全】検索フォーム

サイト内検索

【全】ヘッドリンク

ページタイトル

果樹農業好循環形成総合対策

コンテンツ

果樹農業好循環形成総合対策とは

果樹農業振興のため、農林水産省の補助事業により。中央果実協会が事業主体に選定され、実施しています。

果樹経営支援対策事業と果樹未収益期間支援事業

産地の担い手が行う優良品目・品種への改植、小規模園地整備など果樹経営の基盤を強化する取組に対し助成しています。
また、優良品目・品種への改植等を実施した後、十分な収穫が得られるまでの未収益期間の経費に助成しています。

平成29年度の果樹経営支援対策事業

果実の需給調整

うんしゅうみかん及びりんごについて、需給の安定を図るとともに、出荷が集中し価格が下落した場合に果樹経営の安定を図るため、 ①生食用果実を加工原料用に仕向ける措置、②果汁、缶詰など果実製品の保管等を行う生産者団体等に助成しています。

果実加工流通・輸出支援対策

①カットフルーツや地産地消など多様なニーズに応じた新たな流通・取引手法を実証する取組
②ストレートジュースなど高品質な果実加工品の長期契約取引による 安定供給の取組
③新たな加工品の試作と加工専用果実生産のための低コスト栽培技術を実証する取組
④船便等による低コストで品質の劣化しない輸出を実証する取組み
に対して助成しています。

果樹農業好循環形成総合対策 公募情報