本文へスキップします。

【全】検索フォーム

サイト内検索

【全】ヘッドリンク

ページタイトル

果樹農業生産力増強総合対策

コンテンツ

果樹農業生産力増強総合対策とは

 果樹農業振興のため、農林水産省の補助事業により、うんしゅうみかん、りんご等(「指定果実」といいます。)の果樹を主な対象として、①生産者の自主的な取組を基本とした果実需給安定対策、②果樹産地の構造改革を推進するための果樹経営支援等対策、③果実の需要に即した流通加工等の推進を図る果実流通加工対策等を実施することとされ、中央果実協会が事業実施主体に選定されています。
 なお、本対策は、平成31年度(令和元年度)からは作物横断的な「持続的生産強化対策」の一環として実施されており、また令和2年度には果樹産地の労働生産性の向上等を推進するため「果樹農業生産力増強総合対策」として従来の「果樹農業好循環形成総合対策」から事業の拡充等が図られました。

(参考資料)

農林水産省 持続的生産強化対策事業実施要綱(果樹農業生産力増強総合対策関係抜粋)
 実施要綱(外部リンク)

(公財)中央果実協会 業務方法書・実施細則
   業務方法書      実施細則   
 別記様式、参考様式はこちらをご覧下さい。

事業内容

果樹労働生産性向上等対策事業

果樹経営支援等対策事業

産地の担い手が行う優良品目・品種への改植、小規模園地整備など果樹経営の基盤を強化する取組および優良品目・品種への改植等を実施した後、十分な収穫が得られるまでの未収益期間の経費に助成しています。また、労働生産性を抜本的に高めたモデル産地を育成するための取組に要する経費を一体的に補助します。

(1)果樹経営支援等対策事業
産地構造を改革し競争力のある産地を構築するため、産地自らが産地の特性や意向を踏まえ、産地ごとに目指すべき具体的な担い手や生産体制などに関する姿を定めた「果樹産地構造改革計画」に基づいて、担い手等が行う優良品目・品種への転換、小規模園地整備その他の経営基盤を強化する取組に要する経費を補助します。

(2)果樹未収益期間支援事業
優良品目・品種への改植等を実施した後、経済的価値のある水準の収穫が得られるまでの未収益期間に要する経費の一部を補助します。

(3)未来型果樹農業等推進条件整備事業
労働生産性を抜本的に高めたモデル産地を育成するため、まとまった面積での省力樹形又は整列樹形及び機械作業体系を導入する場合に、早期成園化や成園化までの経営の継続・発展に係る取組に要する経費を一体的に補助します。

新技術・新需要対応力強化対策事業

(1)果樹生産性向上モデル確立推進事業
産地計画を策定している協議会が、農地中間管理機構を活用して園地を集積・集約し、産地の構造改革を進める「農地中間管理機構果樹モデル地区」として、労働生産性の向上を図る省力化・低コスト化技術を活用した生産技術体系を構築するための実証・普及に取り組むのに要する経費を補助します。

(2)新品目・新品種の導入に向けた適地条件調査等
近年需要が高まっている国産の醸造用ぶどう等の新たなニーズや、温暖化の影響による栽培適地の変化等に対応するための取組に要する経費を補助します。

果樹農業調査研究等事業

国内果樹産業の振興、需給・価格の安定、輸出の拡大等に資するため、国内外の果樹・果実をめぐる生産、流通、加工、消費に関する調査、情報収集を行い、成果を公表します。報告書を見る

果樹優良苗木・花粉安定確保対策事業

(1)優良苗木生産推進事業
省力樹形の導入等に必要となる優良苗木の生産・供給体制の構築、苗木生産に必要となる育苗ほの設置等に要する経費を補助します。

(2)果樹種苗増産緊急対策事業
輸入ぶどう苗木等の供給不足に対応するため、民間施設における隔離検疫の実施拡大等を推進する必要があることから、緊急的に輸入ぶどう苗木等を確保するための体制の構築、既存施設の隔離栽培施設への改修等に要する経費を補助します。

(3)花粉専用園地育成推進事業
海外からの輸入花粉に依存している品目について、海外での病害の発生等による花粉不足のリスクを軽減し、国内での花粉の安定的な生産・供給を図るため、花粉専用樹の新植・改植や機械のリース 導入等に要する経費を補助します。

被害果実利用促進等対策事業

(1)果汁特別調整保管等対策事業
災害等により傷果等生食用に適さない果実が大量発生した場合に、当該果実製品の調整保管又は当該果実の産地廃棄に係る取組に要する経費を補助します。

(2)自然災害被害果実加工利用促進等対策事業
台風、降ひょう等の自然災害等により被害を受けた果実が大量発生した場合に、当該被害果実の加工利用促進及び区分流通又は当該被害果実及びその果実製品の利用促進に要する経費を補助します。

果実流通加工対策事業

果実加工需要対応産地強化事業

(1)加工専用果実生産支援事業
国産果実を原料とした加工品について、新たな加工・業務用需要への対応を図るため、消費者等のニーズをとらえた果実加工品の試作、当該加工品の原料価格を想定した低コスト・省力化栽培技術の実証等に要する経費を補助します。また、事業の成果の報告会及び加工・業務用需要に対応する産地育成のための交流会の開催等を行います。概要を見る

(2)国産果実競争力強化事業
国産かんきつ果汁等の競争力強化を図るため、部門別経営分析、過剰な搾汁設備の廃棄、国産果実を対象にした高品質果汁製造設備の導入、新製品、新技術の開発等に要する経費を補助します。

(3)加工・業務用果実安定供給連携体制構築事業
ア 国産果実需要適応型取引手法実証の取組
国産果実の需要に適応した契約取引によるサプライチェーン等の構築に向けた取組に要する経費を補助します。(加工原料のほか、生食用果実も対象となります。)概要を見る

イ 加工原料用果実の選別、出荷の取組
品種、糖度等の品質若しくは大きさ等に基づく取引や加工原料用果実の取引価格の引き上げに係る目標設定を行う取組に要する経費を補助します。

ウ 省力型栽培技術体系等の導入の取組
実需者が求める品質・価格の果実を産地にもメリットがある労力・経費で安定的に供給するため、既存の知見や技術等を活用した病害虫対策、土壌改良等の作柄安定技術、省力化技術体系等の導入の実証に要する経費を補助します。概要を見る

果実輸送技術実証支援事業
国産果実を船便等により低コストで安定的に品質を維持しながら海外の消費者に供給するために、以下の事業を行います。概要を見る

(1)果実輸出効率化支援事業
リーファーコンテナ等の効率的な活用や輸出に取り組む産地の連携による混載輸送等の効率的な物流体制の構築に係る検討及び実証の取組に要する経費を補助します。

(2)果実輸出鮮度保持技術導入支援事業
長時間輸送を可能とする鮮度保持技術や損傷防止資材等の開発に係る検討、検討結果を踏まえた技術等の開発・応用による試作等、開発・応用された鮮度保持・品質劣化防止技術の実証の取組に要する経費を補助します。

パインアップル構造改革特別対策事業

(1)パインアップル優良種苗緊急増殖供給事業
パインアップルの品質向上及び栽培農家の経営安定を図るため、優良種苗の効率的な増殖、育苗及び種苗の配布並びにこれに必要な施設 ・機械の整備、優良種苗の供給計画の作成及びその普及推進のための協議会の開催等に要する経費を補助します。

(2)パインアップル産地構造改革事業
産地における担い手の育成を図りつつ、パインアップルの作付けを生食用と加工用のバランスのとれたものに転換するため、産地構造改革検討会の開催その他の推進体制の整備に要する経費を補助します。

果樹緊急総合対策支援事業

上記の事業のほか、果実等の輸出入の急激な変動、自然災害等の不測の事態に対処するため、果実等の需給調整、消費改善、需要拡大又は再生産の確保を図る上で必要となる事業として生産局長が別に定める事業を実施します。

果樹農業生産力増強総合対策 公募情報