本文へスキップします。

【全】検索フォーム

サイト内検索

【全】ヘッドリンク

ページタイトル

お知らせ詳細

お知らせ(詳細)

2018/04/26

果樹農業好循環形成総合対策 公募情報

平成30年度 加工原料安定供給連携体制構築事業(作柄安定技術の導入の取組)の公募について

 平成30年度加工原料安定供給連携体制構築事業のうち作柄安定技術の導入の取組(以下、「本事業」という。)の公募を行いますので、本事業の実施を希望される方は、以下によりご応募ください。

Ⅰ 事業の趣旨

 加工原料用果実の安定生産に資するため、一定生産・品質を確保できる作柄安定技術の導入等を支援する事業実施者に対し、作柄安定技術の導入等に要する経費を交付する事業です。
 (要綱・要領掲載ページ:http://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/fruits/index.html)
 加工原料安定供給連携体制構築事業(同要綱第4の1の(4)のうち)
  ⇒  パンフレット (PDFファイル)

Ⅱ 事業の概要

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              1 主な要件
(1) 生産者又は生産出荷団体と果実加工業者との間で加工原料用果実の供給等に係る長期契約を原則として30トン以上締結していること。
(2) 以下の作柄安定対策技術等の導入の取組を2つ以上、全域で取組むこと。
  ① 病害虫被害回避技術の導入
  ② 地温、土壌水分調整、風害防止技術の導入
  ③ 土壌改良・園地改良技術の導入
  ④ 生産コスト低減技術の導入

2 事業実施者
    生産者団体又は協議会(生産者、生産出荷団体、果実加工業者等で構成)

3 補助率
  定額。
  
 ⇒ 参考資料
  (1) 果樹農業好循環形成総合対策実施要綱同実施要領
  (2) 公益財団法人中央果実協会業務方法書同実施細則

Ⅲ 公募受付期間、手続

1 公募受付期間
 平成30年4月26日(木)から平成30年6月8日(金)17:00(必着)とします。

2 応募手続き
 事業の実施を希望される事業実施者は、「加工原料安定供給連携体制構築事業(作柄安定技術導入の取組)実施計画承認申請書」を作成し、下記により提出してください。
 事業計画の作成にあたっては、平成31年3月15日までに事業が完了するようご留意ください。
ご応募いただいた事業計画を審査の上、採択の場合には、公募終了後に事業実施計画を承認する旨の通知を発出します。
3 提出先
 提出先については、郵送又は宅配により上記申請書を事業実施者が所在する都道府県の都道府県法人(次の提出先一覧)に公募期間内に提出してください。
 なお、FAX及び電子メールによる提出は受け付けません。資料に不備がある場合は、審査対象とならない場合がありますので、ご注意願います。

  ⇒ 提出先一覧(PDFファイル)

4 審査方法、事業採択等について
事業採択にあたっては、事業の趣旨、事業内容、実施体制、事業による効果等の観点から審査を行いますが、応募額の総額が予算額を超える場合には、当協会が設置する中央果実協会事業審査委員会による審査を行ったうえ、適切なものから採択します。採択の場合には、公募終了した後に事業実施計画を承認する旨の通知を発出します。


                      相談窓口
                       〒107-0052
                       東京都港区赤坂 1-9-13 三会堂ビル2F
                       公益財団法人 中央果実協会   
                               担当 : 岩下、佐野
                           tel  03-3586-1381
                           fax  03-5570-1852